元社会人マネージャーが送るマネージャーのためのブログ

部活のマネージャーあるある 20選

今回は【部活のマネージャーのあるある】を20個ご紹介します。

あなたにも『ある!ある!』と思うものがあるかチェックしてみて下さい。

ではいってみようーー!

スポンサーリンク

マネージャーのあるある20

① 男目的と思われる

とくに男子部に入ると言われる。聞かれる。
これはもうマネージャーの運命。



② マネージャーのことを悪く言われるとかなり腹がたつ

言われたときは怒らずにきちんと対応しますよ、マネージャーだから。
でもやっている身としては「なにも知らないくせに」とやっぱり腹が立つし、ムカつく。
マネージャーの地雷ポイント。



③ 他校のマネージャーに負けたくないのでたくさん動く

チームに負けられない戦いがあるようにマネージャーにも負けられない戦いがここにある!
同じマネージャーには負けなくないから練習試合・試合はつい張り切ってしまう



 タイム計測をミスしたときは血の気が引く

タイム計測って地味に責任重大な仕事

選手にも練習の流れにも関わるので、タイムの計測ミスがあれば血の気が引くのを感じながら絶望感を味わう
そして選手や関係者からすごく怒れるし、選手はもう1度同じ練習をする・・・申し訳ない気持ちでいっぱい。



⑤ 重い物が余裕で持てるようになる

道具運びで自然と身に付く筋力。
なので、いつの間にか他の女子よりも重い物が持てるようになっている。



⑥ 気づけばどこかにあざができている

人に言われて、お風呂に入るときになって初めて気づく。
痣は足によく出来るので足出しを出すことに抵抗あるので長ズボンが多くなる。



⑦ いつの間にか日焼けしている

日焼け止め塗っても塗り直す時間がないので焼ける。
塗り直す時間がないので途中からどうでもよくなるので焼ける。
それが重なり気づけば日焼けしている・・・



⑧ 夏場は水分補充が間に合わない

夏場はとにかく水分補給に追われる。まさに戦場。
だから自分がいつ水分補給したか忘れがち・・・。



⑨ スコアつけは必ずどこかミスがある

ミスつもりはないのにどこかミスある。
ミスなくスコアつけられた日はもうハッピーな日♪



⑩ 選手のフルネームが書けるようになっている

必要書類に名前を書くことが多いから何を見ることもなく自然と書けるようになっている。
監督よりもスラスラと書ける自信あり。



⑪ 筋肉痛になることがよくある

重いものを持ったり、走り回ったり、日常では使わない動きがあるので、翌日筋肉痛になることが多い。
知らない間に筋肉痛になっていることもよくある。


⑫ 真っ先に休みの日は部活の予定が埋まる

誰よりも先に部活の予定が出るので部活の予定表を見るときは一息呼吸おく。
数少ない休みを探すのに必死。
朝・昼に分けての2部練習を見つけたときは『(´・ω・`)』な気持ちになる



⑬ ビデオ撮影の場所取りは争奪戦

チームとして試合以外での負けなられない戦い。
ひっそりと見つけた絶好の撮影場所が次の時には取られていることなんて当たり前。
良い撮影場所を確保できたらもうそれだけで勝った気分。



⑭ 選手が上半身裸で歩いていてもどうも思わない

「もう!あっちで着替えてよ!」なんて恥じらいがなくなる。
着替えていても普通に会話する。
むしろ選手が筋肉自慢してくるから自然とこっちもいい筋肉になったかチェックしてしまう。



⑮ 筋肉フェチになる

いい筋肉がついた、いい体つきを見るので自然と筋肉フェチになる。
「○○くんは○○筋がよくなった」と選手よりも筋肉チェック



⑯ 備品を安く買うために安いお店はチェック済み

備品買いはいかに良いものをいかに安く買うかが重要。
自然と何曜日に安いとわかるし、カードのポイントがめちゃくちゃ溜まる



⑰ 体内時間でなんとなくタイムや経過時間がわかる

タイムを計っていれば自然と身に付いてくる。
これが身に付けばタイム計測の隙間時間に同時に色々なことができるようになる。



⑱ ジャージを着ていないと部員から気づかれない

ジャージが制服以上に制服になる。
なので、伝言や探しに来た部員から気づかれないし驚かれる。
「ジャージの方が似合う」と微妙な評価を頂く(-.-)



⑲ 足音やフォーム、歩き方で誰かわかるようになる

これは選手だけでなくチームや関係者も。
人探しはお手のもの♪



⑳ 選手からの「ありがとう」は言葉にできないくらい嬉しい

面と向かっての「ありがとう」ではなく、ほんとに練習中のなにげない「ありがとう」が嬉しい。



カラリ
カラリ

どれくらい『ある!ある!』と思うことはありましたか?
ほかにも『これはあるあるでしょ』と思うことがあればぜひ教えて下さいね

▼コメントはこちらから

スポンサーリンク
トップへ戻る