元社会人マネージャーが送るマネージャーのためのブログ

【よかった】マネージャー楽しい!と思えた瞬間 6選【楽しい】

マネージャー情報

つらいこともたくさんありますし、マネージャーの現実という結構厳しめの記事を出していますが

カラリ
カラリ

マネージャー楽しい

カラリ
カラリ

マネージャーしてよかった~

って思うこともたくさんありました。



なので元社会人マネージャーの私が「マネージャー楽しい!」と思えた瞬間をご紹介します。

  • マネージャーに憧れる人
  • マネージャーになりたいと思っている人

そんな人がさらに『マネージャーやっぱりいいな♪』と思ってもらえれば嬉しいです。



スポンサーリンク

マネージャー楽しい!マネージャーやってよかったと思えた6つの瞬間


自主練に付き合うとき

選手から

選手A
選手A

自主練につき合って

選手B
選手B

このトレーニングしたいからタイム計って

と頼まれたときはマネージャーとして認められて、必要とされている気がして嬉しいと同時に

カラリ
カラリ

マネージャーっていいものかも♪

って思えた初めての瞬間でした。


自主練は選手とマネージャーが1対1で話したり、話し合えたり、取り組める貴重な時間です。

そんな時間に選手から声をかけてもらえて、手伝えることって幸せだなって思います。

この時間をきっかけに選手ともって良い関係を作れると

マネージャーとしてもっと頑張ろう!

と思えましたし、自主練していた選手が結果が出せた時は本当に幸せな気持ちになりました。


勝って選手と喜び合えたこと

嬉しかった出来事でもご紹介しましたが、チームが勝ったり、優勝したりしてチーム全員で勝利・優勝の喜びを共有できたとき、喜び合え瞬間は本当に

カラリ
カラリ

マネージャーをやってよかった!

カラリ
カラリ

マネージャー最高

って毎回思った瞬間でした。


誰かの勝つためのサポートができることの喜び、そこに自分がいたことを自分自身で体験できたことは本当によかったです。

想像していたよりも、人から聞いた話よりもこの嬉しさは想像以上でした。


また勝った試合・大会の時に選手とマネージャーの連携がうまくできたときは、喜びと達成感でいっぱいになりました。


選手から感謝されれば今までしてきたことが間違ってなかった証明な気がして、マネージャーを続ける力にもなっていました。



試合に向けて話し合っているとき

試合前・試合が近づいたりするとミーティングや作戦会議が多くなります。

ミーティング・作戦会議は選手に関わることがメインですが、マネージャーの動きも含めた動きの確認やマネージャーでも指示を受けることもあります。

特に試合直前は独特の緊張感・特別な空気感があります。

そんな特別な空間にマネージャーとしていると

  • マネージャーとしてチームの勝利に関われていること
  • チームの勝利に必要とされていること

を強く感じれました。


指示があれば責任感が増したり、試合前はマネージャーながら緊張もしますが・・・

責任感が生まれたこと達成できたときは本当の意味でマネージャーの楽しさ、嬉しさを知れた気がしました。




この【本当の意味でのマネージャーの楽しさ・嬉しさ】はぜひご自身で体験してもらいたいです。

体験できたときにはマネージャーの仕事のとりこになりますよ!

勝っても満足せず、次に向けてのミーティングをするとき

勝利はもちろん嬉しいけど、その勝利に満足せずに次に向けてミーティングして、高みを目指している選手達をみて頼もしく思えて

カラリ
カラリ

このチームのマネージャーできてよかったな~

と思いました。


勝つために努力を続けるチーム、なにか脱却をしたくて頑張っているチームでマネージャーをしていると、チーム全員で同じ目標に向かって、みんなで頑張れている気がして心強くて、『このチームのために役に立ちたい』と自然に思えるんです。

それが行動になり、チームから信頼してもらえればマネージャーとしてこれほど嬉しいことはないです。


常に勝つチームではありませんでしたが、常に努力を続けられるチームでマネージャーをできるたことは幸せで、マネージャーっていいものだなと思えた瞬間です。

他チームのマネージャーと話すとき

私は1人マネージャーでした。

なのでマネージャーの仕事のこと、マネージャーでの悩みを同じマネージャーと共有することができませんでした・・・。

でもある時に他チームのマネージャーと話す機会があり、仕事のことをたくさん話す機会がありました。


そのときに喜び・苦しみ、大変さを同じマネージャーで

他チームマネージャー
他チームマネージャー

わかるーー!

共有できたとき、理解してもらえたときはマネージャー楽しいー!!って思いました


マネージャーとして同じことを思って・マネージャーをやっている人がいることが嬉しかったし、支えにもなりました。

カラリ
カラリ

他チームのマネージャーと試合会場で会って話せることは1人マネージャーの私にとっては楽しみの1つでした



試合会場、練習会場に入ったとき

スポーツ独特の

  • 会場の床・地面の音
  • 匂い
  • 選手の会話
  • 少し臭い汗の匂い
  • 寒さ
  • 暑さ
  • 準備している音
  • 声援
  • 試合前の独特の空気感

を感じれたときに

カラリ
カラリ

またスポーツに関われているんだな~

関われていることに改めて嬉しさを感じました。



私の場合はスポーツに関われることは社会人になってから遠ざかっていました。

もう戻ることはないのかもしれないな・・・と割りと本気で思っていたので

カラリ
カラリ

スポーツに関われるマネージャーってやっぱりいいな

と思えました。



試合会場の独特の雰囲気はマネージャーになれば、また違った独特のものに変化します。

試合特有の雰囲気をマネージャーになってまた味わうたびに、マネージャーとして関われていることの幸せを毎回味わっていました。

最後に

  • 自主練につきあうこと
  • ミーティングに参加すること
  • 勝利を喜べること

どれもマネージャーになれば体験できると思います。

ですが、ただマネージャーになっただけでは味わえない

  • 仕事の達成感
  • 勝利の喜びの大きさ
  • 仕事への強く・誇らしい思い
  • チームへの強い思い
  • チームで達成することの喜び
  • 選手と一緒に喜び合えること
  • 選手から感謝されること

などを特別なものを味わうことができます。

嬉しさとマネージャーの良さ・楽しさを味わえば、ただのマネージャーに戻ることはできなくなります。

ただのマネージャーでいることが惜しく感じると思います。




たしかにマネージャーがキラキラなイメージだけではできないのは事実です。

ですがその事実を受け入れ、マネージャーとして選手・チームのためにやっていけば、辛い・大変以上にマネージャーとしての嬉しさ・楽しさがあること、この嬉しさ・楽しさが記憶として残ることもまた事実です。


マネージャーを始める人が、マネージャーをしている人が『マネージャーよかった』と思える瞬間をたくさん思えますように。

マネージャー情報元社会人マネの体験談
スポンサーリンク
カラリ

元社会人マネージャーのカラリです。
プロフ画像は本人ではありません。

●社会人チームでのマネージャー経験6年
●チームでの優勝経験数回あり
●陸上での裏方経験10年以上

マネージャーで経験したこと・見たことなど私自身が体験したことを発信しています。

▶カラリをフォローする ◀
▶カラリをフォローする ◀
MG BOOK

▼コメントはこちらから

スポンサーリンク
トップへ戻る