元社会人マネージャーが送る部活のマネージャーのためのブログ

【社会人】1人マネージャーの大変&つらいところ【部活】

1人マネ

以前マネージャーのつらいところを紹介しました。

今回は1人マネージャーならではの大変&つらいところを元社会人マネージャーの体験談として各5個づつお伝えします。

1人マネージャーの人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1人マネージャーの大変なところ

仕事を早くすること

マネージャーは1人だからといって仕事が1人分だけにはなりません

選手がたくさんいればマネージャーが1人でも仕事をこなさないといけません。

なのでテキパキ動いて、仕事をは早く。だけど確実にしていく必要があります。

それをできるようになるまでの工夫していくことが大変でしたね…私自身が不器用ということもあると思いますが。

なので何度も試して工夫して、何度も反復練習してやっと1人でもできるようにしていきました。

マネージャーでも選手並みに繰り返して練習していくものだと実感しました。

休む暇がないこと

上でも言いましたが…マネージャーが1人でも選手がたくさんいればそれだけの量の仕事をしなくてはいけません。

慣れれば容赦なく仕事がきます。

忙しいことには慣れるけど、忙しいことには変わりはありません。

1人なので仕事をこなすことができたとしても、1人なのでどうしても時間がかかってしまいます。


そのため練習中・試合中は休む時間はなかった記憶があります…座ることもなかったような…。
(特に夏場はドリンクが秒でなくなるので補充だけで手一杯になることも…)

終わってもまた次、終わった仕事をまたする・・・・を繰り返す日々でマネージャーって大変だと身に染みて感じました。

仕事が多くても手伝ってもらえないし仕事が多くて終わらなくて落ち込むこともありました。

『自分にはこの仕事量はできない・・・』って。

でも動くことが当たり前になれば、仕事がなにもない時もじっとしてられなくなりました。。

カラリ
カラリ

おかげで周囲からはいつも動いている子というプラスのイメージがついていたのでよかったこともありました!

体調を万全にすること

マネージャー1人だとマネージャーが休めばその分の仕事は年下・気が使える選手が必然的にマネージャーの仕事をすることになります。

私は選手から数秒でも数分でも練習の時間を奪う事はしたくなかったので、仕事で働くことよりも体調管理には気を付けるようになりました。

選手から数秒でも数分でも練習の時間を奪う事はしたくなかった理由はこちらの記事に書いていますので興味のある方はこちらも読んでみて下さい!
【体験者視点】マネージャーの必要性。いる?いらない?

少しでものどがイガイガすれば龍角散のど飴をなめるし、少しでも風邪っぽい?と思えば葛根湯を飲み、体を冷やさないように飲み物・食事・服装に気をつかうなどしてました。

それまでは体調が悪いなら休める環境でしたので、ここまで体調に気をつかうこともなかったので自己管理の大変さを思い知りました。

カラリ
カラリ

自分が自己管理の大変さを思い知ったので、その経験は選手のサポートに活かせたのでよかったです。それにマネージャー時代の自己管理のおかげで今は体調崩す前に対処できるので昔の自分には感謝です!

余裕を作る

私がマネージャー1人ということもあり時間内で多くの仕事をすることが必要でした。

仕事はドリンクを作るといった作業の仕事だけではありません。

マネージャーの役割で大事な選手をサポートをできるようにするためにも選手を観察できる余裕・小さな変化に気づける余裕・小さな変化にも対応できるような余裕が時間的にも精神的にも必要でした。

その精神的・時間的余裕を作り出すことは私の苦手なことでもあったので試行錯誤しまくってたどり着くまでに大変でした。

カラリ
カラリ

優先順位、仕事1つあたりの時間、仕事1つあたりの時間短縮、その時の状況判断、どんな時でも冷静になること・・・などクリアしていくことが私にはたくさんありました・・・

また試合は特に予想以外のことが起きるので対応するためにもいかに余裕をもった仕事ができるかを工夫・改善を繰り返したことを今でも覚えています。

これが出来ればどんな予想外のことが起きても動けるようになったうえに自分も楽になったので、苦労しましたがやってよかったNO.1ですね。

選手の要望に応える

マネージャー的には『今それをやることは難しい』って時に選手の要望に応えることは本当に大変でしたね・・・。



【選手から要望が出る=選手にとって大切なこと】だとわかっていても

カラリ
カラリ

どうしても今は手が空いていない・・・でも断りたくない。どうよう


といった出来ないことを出来るようにすることは頭も体も使いました・・・。


1人なので引き受けると自分が無理する可能性もあるし、もしくは頼まれたことができなくなる可能性も出てきます

だからこそ自分が出来る範囲内工夫し、最大限に選手に応えることは本当に難しく大変でした



苦労したおかげで自分の現状を言葉で伝えること、選手と話し合いながら意見に応えていくことができたので苦労したかいはあったなと思います。

カラリ
カラリ

大変でしたけど選手が満足してくれたり、プレーに悪い影響が出なかったときはやってよかったなと達成感でいっぱいでした

スポンサーリンク

1人マネージャーのつらかったところ

孤独を感じる

どれだけ選手と楽しく話せても女1人だし所詮は選手とマネージャーです。

越えられない壁みたいなのがあった感じはしていました。

選手は選手だけの世界があるから、そこには入れない。

男は男だけの世界があるから、そこには入れない。

どれだけマネージャーとして頑張って試合に関われるようになっても戦った選手とサポートをしていたマネージャーとではなにかが違うというか・・・嬉しいし、喜びも分かち合えてもなにか足りないものはありました。

だからチームで大勢でいるのに寂しいと思うことは多かったです。

この孤独感は仕事で紛らわせていたけど辞めるまでは孤独感は消えることはなかったですね。

カラリ
カラリ

だから他チームで女性マネージャーとおしゃべりできたときは本当に嬉しかったです!!

ネガディブになりやすい

始めの頃はやっているときに「きついねー」「今日しんどいねー」と軽い愚痴を言える人仲間がいないので知らずのうちにストレスが溜まっていました。

その時期に悩み・不安があれば相談する相手が他チームにも女性マネージャーがいなかったのでネガティブな考え止まらなくなることも多かったです。

仕事も多く、全然うまくできなかったのでうまく息抜きできるまではつらい+孤独+ネガティブなコンボでつらかった記憶があります。

特に夜仕事のことを考えると悪い方向にしか考えられなかった時もありました。

相談する人がいない

仕事のことでどうしたらいいのかわからなくなったときに相談相手がいないことは心細かったです。

ましてや愚痴や大変だったことを共有することもできなかったので・・・。

もちろん選手に相談することもありましたが・・・練習の邪魔をしたくないことが先行して相談しにくかったです。

自分1人で工夫してやっていくことがその時はできなかったのでそれも重なって『どうしたらいいの・・・』ってモヤモヤ・グルグルしていました。

仕事のことを相談できる人がいるっていいなと思っていました。

1人だから言われる

男の中に1人でいることで余計に【男目的】と言われること・思われることはやっぱり多かったです。

仕事の確認で話しているだけ、仕事しているだけ、チームにいるだけで男の中で1人でやっていることで言われることもありました。

言われていることを知っているとジワジワとつらさに変わっていきました。

カラリ
カラリ

なんで仕事ぶりをみてくれないの?

なんで自分のやりたいマネージャーで男目的と決めつけられないといけないの?

きちんとマネージャーの仕事してるし!座って応援しているなんてしてないし!

と自分の中で『なぜ・なんで』みたいなことばかりが渦巻いていました。



これだけは6年間マネージャーしていても継続していくつらさでした。

休むと選手に迷惑がかかること

社会人マネージャーであれば、どうしても仕事で試合・練習に行けないことがありました。

その時は年下・気が使える選手がマネージャーの仕事をすることになるので、選手にマネージャーの仕事をさせて練習時間を減らすことがつらかったです。


マネージャーとしてなにか役に立ててるわけではないかもしれませんが、せめてマネージャーの自分がいる間だけは補欠や年下の選手が練習時間の間、練習だけしていられるようにしなくてはと使命感を感じました

1人をいかに攻略できるかが鍵

1人マネージャーはやっぱりいかに【1人】を攻略できるかが鍵になると思います。

たしかに1人だからこそのメリットもたくさんありました。

が!

1人だからのデメリットもこの記事でも紹介したようにたくさんあります。

私自身1人に慣れている環境で育ってきたので1人マネージャーも大丈夫だろうと思っていましたが、1人で複数人のサポートすることはまた別の【1人の大変さ・きつさ】がありました。

もし1人マネージャーになる可能性がある方は【1人】ということにぜひ味方につけて、自分とたくさん対話して、時には選手と相談しながらマネージャーをしてほしいなと思います。

さいごに

今回は1人マネージャーに特化した記事にしました。

記事内にも1人マネージャーに関係する記事を張りつけていますので気になる方は他の記事もぜひ読んでみて下さい。

1人マネ
スポンサーリンク
カラリ

元社会人マネージャーのカラリです。
プロフ画像は本人ではありません。

●社会人チームでのマネージャー経験6年
●チームでの優勝経験数回あり
●陸上での裏方経験10年以上

マネージャーで経験したこと・見たことなど私自身が体験したことを発信しています。

▶カラリをフォローする ◀
MG BOOK

▼コメントはこちらから

スポンサーリンク
トップへ戻る